忍者ブログ
御庭番テクニック
 
 
オーライ、パ忍者講座へようこそ。
サモンドローン欲しさに2度3度と回しまくって惨敗した御庭番だ。


今回はゲオ洞窟へ狩りへ行ってきたんだ。
ここでの狩りが最近のマイブームなんですよね。
行きが御庭番的に凄い楽なのもポイント。


さて、そんな狩りの今回の成果はというと








うん。

いや違うんだ!!今回は御庭番の凄いテクニックのひとつ、死体回収能力をご紹介しようと思ったんだ!!

血ゴレの前で死んでも回収出来るんだぞ!!



~御庭番流死体回収のススメ~

・1秒ネイチャーを駆使しよう!
霊体だとネイチャーミミックもほんの一瞬しか機能しない。
しかしタゲ切りは一瞬だけでも機能してくれれば十分なのである。
ファルコンウィングの後に使うのも良好だぞ!


・ファルコンウィングで敵を飛び越えろ!
敵の攻撃範囲に入ることなく相手の反対側へ飛ぶことが出来る。
これがあれば常に一匹は難なく回避することが出来るのだ!
しかも使い方によっては気付かれないぞ!


・パンツマンは囮だ!
ミラージュミミックは何も攻撃だけじゃない。
敵の近くまで進ませて座らせることによってタゲをとらせることが出来る。
そのまま遠慮なく隣を通らせてもらおう!
うっかり殴ってしまわないように注意だ!


・地味に役に立つエアジャンプ!
背の低い敵にはムンフォ+エアジャンプで敵の頭の上を通り抜けよう!
うまくいけば攻撃範囲外にはなるけどだいたい気付かれてしまうのがネックだ!


・ラストフィニッシュ!霧隠れの術!
霧隠れの術はなんと死体回収0でも回収完了まで効果がある優れもの!
つまりこいつが死体の前で成功すればもう勝ったも同然ということだ!
 
 
 
 
   
てことで天才モールのいる地域まで安全に降りてこれたパ忍者。
生身の時でも流石にこいつにだけは手は出しません。
ずっと罠の上で留まってくれてるならいいけど動くしね・・・






無事死体回収成功!遺体はキュスターヴ前でした。






 


この後多少狩りをして時間がきてしまったので終了。 

ついでにアタックオブチェインズの各地での使い勝手も調べてますが、割と良好。
道中は外しておかないと余計なヘイト稼いじゃうのがネックですけどね・・・




以上です。





<雑記>
デザコンは1件刺客を送りました。
課金花びらが笑えない数貯まったのでまた染色遊びに精を出します・・・
PR
【2015年07月20日23:27 】 | 忍者テク | コメント(6)
金稼ぎ御庭番~ゲオの大空洞編~

オーライ、パ忍者講座へようこそ。

御庭番の狩りは基本赤字、という声をよく耳にします。
本当にそうなのか?ということで記事のネタついでに各所の稼ぎを計算してみることにしました。
 

その名も、金稼ぎ御庭番!
これで更新頻度が上がるぞ!やったぜ!
正直色んなところで狩りをするもののどこが一番かわからなかったので自分的にもいい機会かな、と。

 

ということで第一回はゲオの大空洞へ行ってまいりました。

基本は時給換算しやすいように出発からおよそ1時間(重量オーバー時は未満でも帰還)帰還はビクトリア広場の石を使うものとします。


泣ける重量底上げ装備の山。御庭番の非力さが身に染みる一枚だ。
剛力モールからゲオの箱Lv2を確認。地図と比べてドロップ率はどうなのだろう?


ゲオの大空洞

倒したモンスター
剛力モール:23匹

獲得したgold
7,106gold
9,312gold(モールの爪194個をNPC売り)
計16,418gold
 

獲得したアイテム
マグタイト35
フラックスヤーン4
エナジーストーン1
ゲオの箱Lv2
コットンバンテージ(廃棄)
動物の生皮(廃棄)

 

消費した触媒・飲食物・POT

GHP5個
GSP6個
NP9個
NQ81個
PNQ28個
ミルクティ42個
うどん1個
プリンアラモード1個
タイガーミートボム40個くらい


簡易計算、goldと消耗物資の差し引きのみで11kの収入となりました。

 




 

さて、お楽しみのゲオの箱Lv2をあけてみたよ!

今回ご用意したのは盗み49.1のロックピック。
ピッキングツールが壊れて失敗したら消失するらしいので正直このスキル値はどうかなとも思ったがやってみた。

 

成功。中身は薬用にんじん100個でした。
盗みが0.2上昇、ルーレットは遅い(なんか1マス判定ズレてる気がした。遅いせいか?)
2回失敗マスを作っただけでピッキングツールが壊れそうだと表示されたのでヒヤヒヤしました。
出来ないことはないけれど、要注意って感じですね。




以上、ゲオ大空洞忍務を終わります。

【2013年08月24日22:27 】 | 忍者テク | コメント(2)
| ホーム |

忍者ブログ [PR]